Loading...

買取では商標法に引っかからないことが大切

お知らせ

スーパーコピーや偽物ブランドは法律に違反していると知ると、売ろうと思う人はいないでしょう。

また、本物だと思って使っていたものが偽物であることもあります。正規販売店以外で定価より安い値段で購入したものは偽物である可能性もあります。

偽物を売らないためにもブランド品のロゴやバッグの色などをじっくりと観察して、「ロゴが少し小さいのではないか」「こんな色あったかな」などと慎重に観察することが大切です。

法律に違反しないように、売る前には必ず確認することを心がけましょう。本物であることを示すものとして鑑定書があります。

鑑定書があれば本物であることの証明がつきますので、買取で提示すれば商標法に引っかかる心配はありません。

買取の際にはブランド品と一緒に持参すると良いでしょう。